PPVの意味とは?

PPVとはPay Per View(ペイ・パー・ビュー)の略語で、アダルト系サイトにおいては基本的に、作品を単体で購入するシステムのことを指す場合が多いです。

 

月額料金を支払えばその契約期間中は見放題になったりする定額制とは違い、PPVのほうは基本的に作品を一つずつ購入する必要があるため、沢山の作品が欲しい場合は料金がかさみやすいです。

 

したがって、費用対効果(コストパフォーマンス)については定額制のほうがメリットがある場合が多いです。

 

 

 

しかし、いくら定額制の方がコスパが良いとは言っても、そこにお気に入りの作品がなければあまり意味がありません。

 

それに、作品によってはPPV限定配信のものもあるため、その作品を合法的にどうしても手に入れたいなら、PPVで購入するしかありません。

PPV系サイトの比較一覧とレビュー

それでは以下、PPV(単品販売)系サイトやネットショップの比較レビューをしていきます。

 

 

 

●PPVがメインのサイト

サイト名 ジャンル VR動画の有無 DRMの有無
FANZA(旧DMM.R18) オールジャンル 作品によっては有り  DRMあり
DUGA オールジャンル -  作品によって異なる
B10F フェチ系、マニア系 -  DRMあり
XCREAM フェチ系、マニア系 - 作品によって異なる
AVVR 着エロ系、グラビア系  VR動画専門

 

●メインは定額制だがPPVも配信されているサイト

サイト名 ジャンル DRMの有無
Hey動画 DRMフリー
カリビアンコム DRMフリー

※当記事は随時更新していきます。