一本道は内容自体はおすすめだけど料金が高い

 

一本道とは、2001年から運営されている老舗の定額会員制有料アダルトサイトです。アメリカ・ロサンゼルスのサーバーから配信されている海外無修正サイトです。

 

ちなみにサイト名の読み方は「いっぽんどう」が正しく、「いっぽんみち」は誤読です。

 

 

 

高画質なアダルト動画がメインに配信されていて、作品によっては高画質な画像ギャラリー(一括ダウンロード機能あり)も配信されています。

 

各作品には人気AV女優作品のみならず、素人系、熟女系もあり、全体的に美人さんが多いですので、美形好みの方におすすめしたいです。

 

ジャンルはよくAV総合やオールジャンルと呼ばれますが、プレイ内容は主に王道的なセックス系の内容が多く、フェチ系やマニア系の作品は少ないです。

 

このサイトのネックは、同ジャンルのサイトと比較すると料金が高い点です。しかし、ここでしか配信されていない質の高いオリジナル独占作品も結構配信されています。

 

基本データ
安全性評価 一本道

 

2001年から長期に運営されている老舗のサイトで、尚且つセキュリティーに定評のあるDTIグループに加盟しているサイトということもあり、「一本道」は安全性の高いサイトです。当然、自宅に郵便物が送られてくること等も一切ありません。

おすすめ度 一本道
系列 DTI及びD2Pass加盟サイト
ジャンル オールジャンル、動画、画像ギャラリー(※作品によってはなし)
動画の画質 フルHD(※比較的古い作品はそれよりも劣ります)
作品数 3,300作以上
無修正の割合 全作品が無修正
DRM制限 DRMフリーのためダウンロードした作品は退会後もずっと視聴可能。
ストリーミング 対応
ダウンロード制限/1日 30日会員(一般会員):4本

90日会員(VIP会員):5本
180日会員(超VIP会員:6本
※これらの制限がリセットされるのは日本時間の午前5時です。

代金のお支払い方法 クレジットカード決済(VISA、Master Card、JCB、Diners Club)
クレジットカードの利用明細 「DI SERVE」または「DTISERVE」と記載されます。つまりサイト名やアダルトワードは記載されません。
スマホ利用 iPhoneとAndroidに対応(※Androidは機種によっては再生できない模様ですが、無料サンプルを再生できるなら大丈夫でしょう)

おすすめ利用ポイント

一本道は人気サイトということもあり、1日における動画のダウンロード転送量に制限が設けられています。

 

そのため、各作品の動画はいきなりダウンロードするのではなく、まずはストリーミング再生をしてどんな内容の動画なのかを把握してから、それで気に入ったらダウンロードすることをおすすめします。

 

なぜならストリーミング再生の場合は、いくら再生してもダウンロード転送量の制限に全く影響しないからです。

割引情報(クーポン発行中!)

一本道では現在、以下のとおり180日会員(超VIP会員)への入会を対象にした期間限定の割引クーポンが配布中です。

 

超VIP対象30ドル割引クーポンコード

2F9RBH8K

※有効期限:2019年9月30日まで

料金案内

コース 30日会員

(一般会員)

90日会員

(VIP会員)

180日会員
(超VIP会員)
<最安値&おすすめ>

料金 65ドル(約6,500円)

170ドル(約17,000円)
(↑30日会員より25ドルお得)

320ドル(約32,000円)
(↑30日会員より70ドルお得)

ストリーミング(無制限)
ダウンロード制限 1日4本まで 1日5本まで 1日6本まで
一般動画
VIP動画 ×(※2回目の継続入会から利用可能)
超VIP動画 ×(5回目の継続入会から利用可能) ×(1回目の継続入会から利用可能)
単品購入サイトの割引 5%OFF 5%OFF 10%OFF
備考 - - クーポンあり(コードは後述)

退会手続きの方法や注意点など

一本道は定額制サイトによくありがちな自動課金方式が採用されているため、退会申請をせずに放置したままだと契約が自動的に延長されます。

 

そのため、退会したい場合は一本道の公式サイトから退会申請をしなくてはいけません。

 

退会フォームは、公式サイトの上段右端に「入会案内」と書かれてある箇所がありますのでまずはそれをクリックします。

 

するとその先のページ中段に「退会方法」という項目があり、そこに退会フォームへのリンクが貼られております。

 

なお、退会申請は会員期間更新日の前日までに終えてください。

 

 

 

解説は以上になります。一本道について当サイトをご覧いただき、ありがとうございました。

「一本道」公式サイトはこちら

関連記事